住宅ローンと賃貸家賃支払いの二重苦。さらに母親の入院費捻出で経済的苦境に。任意売却で住宅ローン完済も母親・姉家族の引っ越しも、ゴミ処分もすべて成功

ご相談者は岡山市在住の松原博彰(仮名)さん、60代男性の方。

24年前に住宅ローンを組み、赤磐市内のご両親の土地へマイホームを新築。ご両親と同居されていたそうですが折り合いが悪くなり、8年前に奥さまとは離婚。翌年には再婚され、岡山市内の賃貸物件で新たな生活(お子さん3人)をスタートされますが、その賃料はもちろん、ご両親がお住まいのマイホームの住宅ローンも支払われていました。
いくらご両親がお住まいだからとは言え、二重で家賃を支払っているようなものですから無理をされていたであろうことは、想像に難くありません。

そんな無理がたたったのか、5年前に体調を崩され休職、翌年には退職。そして、その翌年にはお父さまが他界。赤磐市内で独居することになってしまったお母さまでしたが、離婚して住まいに困っていた松原さんのお姉さま(と成人されているお子さま2人の計3人)がお母さまの面倒を看る約束で住むことに。当初は住宅ローンもいくらか負担してもらえていたらしいのですが、お姉さまが職を失って無収入となってからは、また松原さんお一人の負担に。さらにはお母さまが病気で入院。ただでさえ家計がつらいところ、入院費の支払いで住宅ローンの返済は後回しになってしまったのでした。

何年にも渡って悩み続けられた松原さん、当社のホームページをご覧になって電話でご連絡いただきました。スグに面談を実施し、任意売却の手続きを開始。7ヶ月後には無事売却を完了。「家賃を二重で支払っているようなつらい生活を、家を売却して解消したい。母親と姉家族の次の住居を確保したい。そして、忙しくつらい生活の中で家の中に溜めてしまった膨大なゴミを処分したい。」とのご希望でしたが、住宅ローンの完済、引っ越し代の捻出、ゴミの処分費の捻出、すべてを実現できました。

「高齢の母親のこと、ゴミ屋敷のこと、今の家族のこと…いろいろあったので大変でしたが、これからは新たな気持ちでやっていけそうだ。」と松原さんは笑顔でおっしゃいました。

ご両親とお姉さま家族が住む家の住宅ローン、ご自分が住む賃貸物件の賃料、お母さまの入院費、すべてお一人で背負われた松原さん。相当なご苦労があったに違いありません。頑張ることも時には必要だとは思いますが、体を壊してしまっては元も子もありません。そんなときはぜひ、私たちのような専門家を頼ってください。いつでも私たちは、皆さんの味方です。